ウッドノートの注文住宅は安心安全の十年保証つき。
愛知県高浜市の工務店、ウッドノートが建てる注文住宅は、暮らしを楽しめる木の家です。

注文住宅 工務店 愛知 ウッドノート
ウッドノート phone:0566-52-1627資料請求お問い合わせ
安心の保証システム
安心の保証システム
WOODNOTEでは、お客様に安心して暮らしていただくためにすべての新築物件について第三者機関のJIO(日本住宅検査保証機構)による厳格な検査と建物だけでなく地盤も保証します。
写真
10年保証の日本住宅保証検査機構

WOODNOTEでは、第三者機関のJIO(日本住宅検査保証機構)による全4回の現場検査を実施いたします。
JIO(Japan Inspection Organization)は、
万全の検査・保証体制を確立しています。
地盤も建物も自らが検査し、一体で保証します。
地盤と建物の保証が別々になっていて、万が一の事故の際に責任の所在があいまいになるという心配がありません。

詳しい検査項目は以下の通りです。

日本住宅保証検査機構
JIO地盤調査
工事着工
基礎配筋検査
基礎コンクリート打設
構造体検査
外装下地検査
完了検査
竣工・引渡し

基礎配筋検査 第1回検査・基礎コンクリートで見えなくなる前に

建物をしっかり支えるために必要な足元の基礎コンクリート部分です。コンクリートで固めてしまうと見えなくなってしまうので、その前に鉄筋の太さや配置が図面通り組まれているかをチェックします。
写真
配筋検査風景

第2回検査・一級建築士が構造体をしっかりチェック!

主要な構造部をJIO専属の一級建築士が細かくチェックします。家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか、横揺れを防ぐ「筋かい」は図面通り配置され適正に取り付けられているか、木材の水分は25%以下になっているか(木造在来工法の場合)、など一般の人ではわからないチェックポイントをしっかり検査します。
写真
基礎のコンクリート強度をチェック

第3回検査・防水を主に見る検査です!

外壁を貼ると見えなくなってしまう外壁下地の防水シートの重ね代が規定以上設けられているか、防水テープやコーキングが適切に処理されているかなど、雨水の浸入を防ぐ部分を主に検査します。また、断熱性を左右する断熱材が図面通りに使用されているかなどをチェックします。
写真
外装下地検査風景

第4回検査・雨水の浸水箇所をチェック!

雨水の浸入を防ぐため、外壁の防水処理(貫通配管など)やバルコニーが設計図通りになっているかをチェックします。室内のフローリングやキッチンなどの設備チェックではありません。
写真
外壁と水切りの クリアランス
(隙間)をチェック
資料のご請求お問い合わせ